6月10日 時の記念日には「一秒の言葉」を(セイコーのCM)

一秒の言葉 大切にしていますか?

 6月10日と言えば、やっぱり、このCMを見ないとイケません。

SEIKO(セイコー)のCM「一秒の言葉」

「はじめまして」この一秒ほどの短い言葉に一生のときめきを感じることがある 

 

「ありがとう」この一秒ほどの短い言葉に人の優しさを知ることがある 

 

「がんばって」この一秒ほどの短い言葉で勇気がよみがえってくることがある 

 

「おめでとう」この一秒ほどの短い言葉でしあわせにあふれることがある 

 

「ごめんなさい」この一秒ほどの短い言葉に人の弱さを見ることがある

 

「さようなら」この一秒ほどの短い言葉が一生の別れになる時がある 

 

一秒に喜び 一秒に泣く 

 

一生懸命 一秒 

 

一生懸命 コミュニケーション 

 


 たった一秒?されど一秒?

 日本語の場合、一般的に人が聞き取りやすいのは、1秒間に6~7文字だそうです。

または1分間に300文字なんて事も言われますね。

 

そんな「一秒の言葉」で私が一番多くつかうのは、やっぱり

 

「ありがとうございます。」です。

 

「ありがとうございました。」じゃないの?とおもわれる方も多いと思いますが

個人的には、過去形にしない「ありがとうございます。」を心がけています。

その日、その場で完結させてしまうのではなく、

その「一秒の言葉」が「つながりのある関係であって欲しい」という気持を込めて

使っています。

 

CMの後半にある「一生懸命 一秒」「一生懸命 コミュニケーション」を聞いてから

そんな思いが強くなりました。

 

初めて見たのは2008年。時の記念日に合わせて、セイコーが1985年に

オンエアされたCMをリメイクしたというネット上のニュースからでした。

 

2008年の6月と言えば、大原屋は2周年を迎えて数ヶ月経った頃・・・

マダマダ様々な課題山積で(今もそうですが(^_^; )精神的にもヘトヘトでした。

 

そんな時に見たこのCMには、本当に元気づけられ「一秒の言葉」について書いた

ブログ記事にも多くのアクセスをいただき、一秒という時間と、一秒の言葉を

大切にしなきゃイカン!と頑張ることができました。

 

だからこそ時の記念日には、このCMを見なきゃイケません!

 


 1985年版 一秒の言葉 もイイですよ。

 明日からも、お客様への「一秒の言葉」を大切にして、店に立ちたいと思います。

 

一生懸命 一秒

 

一生懸命 コミュニケーション

 

「ありがとうございます。」



カレーの大原屋

長野県飯田市羽場権現978-4

0265-21-0739

www.ooharaya.com