飯田市大平宿に大原屋の由来があります。

カレーの大原屋の屋号は「大平宿」に今も残る古民家の屋号に由来しています。

大平宿は、飯田市内から木曽へ抜ける街道「大平街道」を約1時間ほど山道を進んだ所にある古い町並みが保存された廃村の集落、その中の1軒が 大原屋です。父親の代から、その古民家の維持管理をお手伝いさせていただいているご縁から「麓(ふもと)の地で大平宿のご案内をできる店でありたい」という思いを込めて、歴史ある屋号をお借りして日々営業させていただいております。

飯田市大平宿、廃村の集落に本家大原屋はあります。

飯田市大平宿、廃村の集落に本家大原屋はあります。

大平宿にある本家大原屋
大平宿にある本家大原屋
県道飯田南木曽線、通称「大平街道(おおだいらかいどう)」
飯田市内から南木曽方面へ約40分車、クネクネと山道を走らせた先に大平宿はあります。
昭和45年の集団移住後は住む人のいない廃村です。
カレーの大原屋の屋号の由来は、この大平宿にある古民家「大原屋」にあります。

囲炉裏のある古民家が残る廃村の集落「大平宿」

囲炉裏を囲むだけで不思議と会話がはずみます。
囲炉裏を囲むだけで不思議と会話がはずみます。

かつては林業と炭焼きで栄えた村に、今は住む人はいませんが、郷愁を誘う町並みと携帯も通じない山深くの自然を求めて訪れる人がいます。

飯田市が管理しボランティアの手で守られている建物と、個人で管理している建物があり、大原屋は個人管理の建物です。
どちらも囲炉裏を囲んで昔の暮らしぶりを体験する事ができます。

懐かしい日本の町並み

ポトポトと燃える囲炉裏の火
魚が泳ぐ昔ながらの小川のせせらぎ
多くの旅人が行きかった道
林を抜ける石段
村を守る神社

まるで時間が止まったままの日本の風景

観光地としてではなく、昔の姿そのままを残し、守られている

大平宿はそんな廃村の集落です。
決して多くの人が訪れる場所ではありませんが、カレーの大原屋では、この大平宿へ行きたいという方には店頭で可能な限りのご案内をさせていただいております。
大平街道は、大雨の後など落石や倒木で通行止めになる事もしばしばある県道です。
お出かけの際はお気をつけ下さい。

摺古木山、安平路山への登山口もあります。

川沿いの林道から摺古木山、安平路山への登山口もあります。
余裕をもった行程で登山を楽しむのもおすすめです。

カレーの大原屋では大平宿へのご案内もしています。

囲炉裏を囲むひとときを一度体験してみませんか?
囲炉裏を囲むひとときを一度体験してみませんか?

大平宿の本家大原屋については、お気軽にお問い合せください。

カレーの大原屋

tel:0265-21-0739


カレーの大原屋

長野県飯田市羽場権現978-4

0265-21-0739

www.ooharaya.com