飯田市大平宿に大原屋の由来があります。

カレーの大原屋の屋号は「大平宿」に今も残る古民家の屋号に由来しています。

大平宿は、飯田市内から木曽へ抜ける街道「大平街道」を約1時間ほど山道を進んだ所にある古い町並みが保存された廃村の集落、その中の1軒が 大原屋です。父親の代から、その古民家の維持管理をお手伝いさせていただいているご縁から「麓(ふもと)の地で大平宿のご案内をできる店でありたい」という思いを込めて、歴史ある屋号をお借りして日々営業させていただいております。

飯田市では昭和36年と昭和58年に甚大な豪雨災害がありました。

2019年(令和元年)には、長野県内各地で台風19号による

大きな災害がありました。

 

そして、今日2020年(令和2年)7月8日は

朝からスマホの警報が何度も鳴り

警戒レベル5が発令されるなど恐ろしいくらいの雨が降っています。

台風超えレベル?2020年7月8日の大雨

今回の大雨の原因は台風ではありませんが、台風を超すレベルの豪雨。

飯田に語り継がれる2つの豪雨災害を思い起こさせます。

 

昭和36年の36災害(通称さぶろく災)の時は私はまだ生まれてませんので

祖父からの話でしか恐ろしさを聞いたことはありませんが

 

昭和58年の58災害(通称ごじゅうはち災)の時は小学生で、

夜に降り続く大雨のゴウゴウとした音と

地鳴りめいた響きを覚えています。

飯田市の豪雨災害の状況(飯田市公式サイトより)
飯田市の豪雨災害の状況(飯田市公式サイトより)

58災では、飯田市から大平宿を抜け木曽を結ぶ

主要地方道飯田南木曽線(旧・幸助飯田線)の

桐の木沢に架かる橋がまるごと流されるなど

衝撃的な被害を目の当たりにしました。

飯田市の豪雨災害の状況(飯田市公式サイトより)
飯田市の豪雨災害の状況(飯田市公式サイトより)

今回の豪雨は警戒レベル5が発令され、非常に危険な状況のようです。

大雨は小康状態になった後の、支流の増水や土石流、

緩んだ地盤の崖崩れなど

時間差で大きな災害がやってきます。

今後も安全第一で警戒したいと思います。

 

皆様も安全第一で。


飯田市の過去の災害情報はコチラ


〒395-0067

長野県飯田市羽場権現978-4

カレーの大原屋

飯田市大平宿、廃村の集落に本家大原屋はあります。

飯田市大平宿、廃村の集落に本家大原屋はあります。

大平宿にある本家大原屋
大平宿にある本家大原屋
県道飯田南木曽線、通称「大平街道(おおだいらかいどう)」
飯田市内から南木曽方面へ約40分車、クネクネと山道を走らせた先に大平宿はあります。
昭和45年の集団移住後は住む人のいない廃村です。
カレーの大原屋の屋号の由来は、この大平宿にある古民家「大原屋」にあります。

囲炉裏のある古民家が残る廃村の集落「大平宿」

囲炉裏を囲むだけで不思議と会話がはずみます。
囲炉裏を囲むだけで不思議と会話がはずみます。

かつては林業と炭焼きで栄えた村に、今は住む人はいませんが、郷愁を誘う町並みと携帯も通じない山深くの自然を求めて訪れる人がいます。

飯田市が管理しボランティアの手で守られている建物と、個人で管理している建物があり、大原屋は個人管理の建物です。
どちらも囲炉裏を囲んで昔の暮らしぶりを体験する事ができます。

懐かしい日本の町並み

ポトポトと燃える囲炉裏の火
魚が泳ぐ昔ながらの小川のせせらぎ
多くの旅人が行きかった道
林を抜ける石段
村を守る神社

まるで時間が止まったままの日本の風景

観光地としてではなく、昔の姿そのままを残し、守られている

大平宿はそんな廃村の集落です。
決して多くの人が訪れる場所ではありませんが、カレーの大原屋では、この大平宿へ行きたいという方には店頭で可能な限りのご案内をさせていただいております。
大平街道は、大雨の後など落石や倒木で通行止めになる事もしばしばある県道です。
お出かけの際はお気をつけ下さい。

摺古木山、安平路山への登山口もあります。

川沿いの林道から摺古木山、安平路山への登山口もあります。
余裕をもった行程で登山を楽しむのもおすすめです。

カレーの大原屋では大平宿へのご案内もしています。

囲炉裏を囲むひとときを一度体験してみませんか?
囲炉裏を囲むひとときを一度体験してみませんか?

大平宿の本家大原屋については、お気軽にお問い合せください。

カレーの大原屋

tel:0265-21-0739


カレーの大原屋

長野県飯田市羽場権現978-4

0265-21-0739

www.ooharaya.com